「FP未来への扉」はファイナンシャル・プランナー(FP)のプロ集団です。東京・神奈川を中心に個人のお客様から法人のお客様までご支援いたします。

....

民法改正 遺言書

2018年07月10日

民法改正で自筆証書遺言の要件が改正されます。

現在の要件
 ①全文直筆であること。
 ②作成した日付を明記すること。
 ③署名、押印をすること。
 ④個人名義であること。
 ⑤分割する財産について具体的に記述してあること。

改正後は
 ・財産目録は自筆でなくてもOK!
 ・法務局に預ける事ができる。

改正により、自筆の手書きでは大変で間違えやすかった財産目録が
簡単になります。通帳のコピーや登記事項証明書が使えるので
間違えも減るし作成も楽になりますね。
また、法務局に預ける事で隠蔽や破棄、偽造のリスクも減ります。
自筆証書遺言が使いやすくなります。

民法改正で緩和された自筆証書遺言の遺言書サンプル。
https://www.moj.go.jp/content/001244449.pdf
(法務省の法制審議会民法部会第25回会議のHP掲載添付資料)

 

投稿者:栗田 カテゴリー: 相続

コメントは受け付けていません。