「FP未来への扉」はファイナンシャル・プランナー(FP)のプロ集団です。東京・神奈川を中心に個人のお客様から法人のお客様までご支援いたします。

....

金利について(基礎編その2)

2016年03月05日

 金利についてのお話(基礎編その2)です。
 
    前回は、金利に関する色々な言葉を中心とした基礎的な概念のお話でした。 
    今回は、もう少し具体的な金利に関する計算方法についてお話します。 
 
 ●金利の表示方法には、年利、月利、日歩があります。 
  ・年利とは、利息計算期間の単位を1年と定めた利率で、%で表します。 
   もっとも良く使われるのがこの年利です。 
  ・月利とは、利息計算期間の単位を1ヵ月と定めた利率で、%で表します。 
  一般的には、月利=年利÷12で表されます。 

  例示) 元本100万円に対して年利3%と月利3%では1ヵ月の利息の違いは?(税引き前)
    ・年利3%:100万円×3%÷12=2,500円
    ・月利3%:100万円×3%=30,000円
     ※今では年利が一般的ですが、特にお金を借りる時には月利表示でないか?
      十分注意が必要ですね。
  ・日歩とは、利息計算期間の単位を1日と定め、元本100円に対して利息(利子)が
  何銭何厘何毛と定める割合です。日常生活ではほとんど使われなくなりました。 
    例示) 日歩5銭という場合、1日当たり5銭という意味になります。
   ・100円に対して5銭(1銭は1/100円)という意味なので、%に換算すると
    1日当たり0.05%ということになります。
     ・年利にするには単純に365倍(1年:365日)して18.25%となります。
 
 ●金利計算の基本として、単利計算と複利計算があります。 
   ・単利計算とは、元本だけに対する利息(利子)のことです。 

  例示) 元本:100万円、年利:10%とすると(税引き前)
   ・1年目:100万円×10%=10万円
   ・2年間:100万円×10%=10万円
   ・3年目:100万円×10%=10万円
      ⇒以下同様で、元本に対する利息が毎年:10万円となります。
  ・複利計算とは、一定期間の利息(利子)を元本に加えたものを次期の元本として、 
  次の期間には新元本に対して利息計算します。

  例示) 元本:100万円、年利:10%とすると(税引き前)
     ・1年目:100万円×10%=10万円 ・・・ ここまでは単利と同じ。  
   ・2年目:(100万円+10万円)×10%=11万円
   ・3年目:(100万円+10万円+11万円)×10%=12万1千円
      ⇒利息(利子)が雪だるま式に増えて行くのがわかります。
 
  ※複利計算について、相対性理論で有名な物理学者のアインシュタインが
    以下の様に大絶賛したと伝えられています。
    ⇒宇宙最強の力
    ⇒人類史上、最大の数学的発見

   ※複利計算には、「72の法則」という便利な計算方法があります。
    ⇒72を金利で割れば、元本が2倍になるまでの年数がわかります.
   例示) 年利:7.2%の定期預金に100万円を預けたとすると。
     ・72 を 7.2(%)で割ると 10(年)
          ⇒10年で元本の100万円が200万円になることが分かります。
     ・逆に、20年で元本を2倍にしたいときの計算は
      72 を 20(年)で割り 3.6%
         ⇒年利3.6%の運用を目指せばよいことが分かります。

  次回は、金利に関する身近お話をテーマにします。

 2016.3.5  諸星純一

投稿者:未来への扉 カテゴリー: 金融

コメントは受け付けていません。